2013 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 12

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真皮に効くヒアルロン酸 アトピーにも効果が実証されました

kage

2014/04/07 (Mon)

お肌のハリやツヤを保つためには
身体の内側からもケアしないと意味がないですよね


以前より気になっていたのですが、
低分子ヒアルロン酸サプリメント
ヒアルロン酸美潤を試しました。


DSC07306.jpg



なぜ、気になっていたかと言いますと
なにしろ徹底的にこだわりぬいてできた
サプリメントなんです

・薬剤師さんが妻のことを思い開発した

・効率よく吸収されることに徹底的にこだわった

・原料の安全性にこだわった





妻のために・・・

乾燥が気になりだした奥様のために
なんとかしてあげようと思い、薬剤師のツテを
使って、メーカー勤務の友人に調査してもらったり
して、加齢とともに身体の水分は枯れていくことに
たどり着き、保湿をつかさどる『ヒアルロン酸』
補ってあげればいいんじゃないかと思ったそうです

奥様のために製品を開発するなんて
優しい旦那さんですね~




効率よく身体に吸収するには

ヒアルロン酸は分子量が大きく、飲んでも体の中への
吸収がとても悪いそうです。
そこで、吸収されやすい低分子量のヒアルロン酸を開発しました。

低分子化の方法にもこだわり、熱処理は熱を加えて溶かすため
ヒアルロン酸の成分が変化してしまう可能性があるため、
ヒアルロン酸を壊さずに天然成分そのままに近い状態で低分子化
できる酵素法を用いています。


低分子化されたから吸収されるわけではなく
人が吸収しやすいように、コラーゲンやタンパク質を
バランスよく複合化することで吸収率を高めています。




プラセンタやコラーゲン、ヒアルロン酸などの
含有量にばかり気にしていませんか?
ほんとに効果のあるサプリは量より質ですよね!





原料の安全性にこだわった

次のこだわりは、何と言っても安全性です
ヒアルロン酸は、バイオ技術製法で製造されたり
添加物が配合されていたりして、安全性が不十分
なものもあるそうです


ヒアルロン酸の原料は、国内の契約農場で育てら
れている、国産食肉用の鶏のトサカを使用しており
医薬品も製造している工場で、厳しい品質管理の元
サプリメントが作られています


またヒアルロン酸は、元々はドロッとしているため
サプリメントにするためには、何かの添加物を
加える必要がありますが、安全な天然植物由来の
「ナラの木」や「さつまいものデンプン」を
用いています。

ECM・Eと書かれているものが
低分子・高吸収型ヒアルロン酸です。

DSC07309.jpg




このように、効果と安全性にこだわっているため
お値段は決して安くないです。
この8日間お試しパックでも、通常3300円します。
しかし、今は3300円が500円で試せます。



まずは、お試しパックでアレルギー反応や
匂いや味などを確認してからでないと本製品は
購入できないそうです。

さすが、薬剤師さんですね!
その人にちゃんと合うものか、まずは確認を行なう
なんて、サプリメントとはいえ、薬と同じ考え方ですね。



粒は大きくなく飲みやすいです
添加物をなるべく使わないよう、表面のコーティングも
してありません。

1日目と2日目は1日2粒飲んで、身体への様子を
確かめます。
3日目からは、1日4粒飲みます。

DSC07313.jpg



8日間飲んでみて、肌のハリが良くなったかな?
ぐらいの微妙な感じでしたが、1か月以上飲み続けないと
本当に効果を感じることができないようです。

使用している方の中には、プロのナレーターがいたり
8年間も飲み続けている方もいるようです。



あと、朗報ですが
『ヒアルロン美潤』の成分が、アトピー性皮膚炎に効果あり!
と世界で初めて、臨床試験で実証されたようです。


サプリメントなのに、薬効作用が認められました。
これでしたら、ステロイドのような副作用もなく
安心して飲めますよね。








にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村









スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。